Album

UNTO

Label:ベルアンティーク/マーキー
Catalog Number: ELLE-97370
Release Date Japan: 1997.6.25
Formats: CD ソールドアウト

廃盤
¥3,000(税込)

 

CD作品 ・ だててんりゅう / UNTO

Track List
01.東福寺(8.39)
02.ベースボールゲーム(15.28)
03.ソフト(12.08)>
04.UNTO(13.21)
05.FOGGY DAY(3.51)

total time(52.42)

Label:ベルアンティーク/マーキー
Catalog Number: ELLE-97370
Release Date Japan: 1997.6.25
Formats: CD ソールドアウト

廃盤
¥3,000(税込)

 
 
 
 
 

1978年神戸でのライブ3曲,82年スタジオ1曲,75年京都でのライブ1曲の構成。
1997年ベル・アンティークよりリリース。
1975~1978年に録られたライブ・テープ&1982年のスタジオ録音。5曲中インストが4曲というテーマ&インプロヴァイズ中心の楽曲を集めたアルバム。プログレッシブ・ロックというものをほとんど聴いたことのないアメリカンボケな私が感じるインスト曲の印象は、60年代後半のマイルス・グループ、マハビシュヌ・オーケストラあたりに近いように思う。そして、ここでのハイライトは現「だててんりゅう」のギタリストである西峰さんのプレイ!特にカッティングの鋭さ&ノリは最高だ!また、昔京都のいろんなバンドで聴いた村地さんのサックスも確かにJAZZ的過ぎるのだがそれなりによく楽曲にマッチしているし、隣さんのオルガン、キーボードは自由自在にその空間を跳び廻っていて非常に心地よい。井上さん&杉浦さんはいつもどうり完璧なコンビネーションで何も言うことはない。�4曲目の「UNTO」だけが少し年代が古いので他曲とは若干ニュアンスが違う、この曲は真にプログレっぽいのかも知れない。最後のヴォーカル曲「フォギーデイ」は82年とあって上記の「凪」に収められていても不思議ではない曲で、これまた素晴らしい詩&サウンドでここにはゲスト参加として現「だててんりゅう」の光森さんがキーボードで参加している(スタジオ録音)。インストモノの場合、私がよく聴いてきたのがJAZZ、FUSION系なのではっきりいってちゃんとした理解ができているかほとんど曖昧なのだが(まぁ、聴く側はどんな風に感じてもイイわけだが)、演奏はとにかく凄いし、1つ1つの音に意味があり、とても力を持っているということだけはわかる。�kume(1997)

隣 雅夫 1990
Masao Tonari
Keyboardist
Mamoru Inoue
Bassist
Masahiro Sugiura
Drummer
Yutaka Nishimine
Guitarist
Hiroshi Murachi
Saxophonist
Yoshitaka Nakamura
Drummer
Yutaka Kotani
Guitarist
Hiroaki Nonaka
Bassist
Hideki Mitsmori
Keyboardist

このページをシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

News & Information

News & Infomation
Masao Tonari

Donation

Donationスタートしました !   ご支援&寄付よろしくお願い致します。 湯来環境音楽研究会を通じての文化活動、音楽ライブ企画継続維持費、今後の音楽作品制作、WEBSITE更新維持費等に使用させていただきます。スタッフの大多数が市民ボランティアで運営されており、皆それぞれの仕事の合間を縫って奮闘しております   代表 隣雅夫   主要メンバー 筒井文雄、庄子勝治、五十嵐久勝。 ここを

Read More »
News & Infomation
Masao Tonari

facebook

Masao Tonari News Facebook 音楽サイト 個人サイト 隣雅夫 フェイスブック個人サイト 友達申請はコチラ Since1971  日本のロックバンド 「だててんりゅう」のフェイスブック Yuki Ambient Music Study Group 世界の国々の音楽、文化、生活等についての多種多様な価値観観察、 基礎研究してみましょう ! そして心を磨こう !!       

Read More »