Album

Red Afternoon Blues

RED AFTERNOON BLUES/WPR-1213
1978年1月神戸ピッコロシアターライブ録音

 

MASAO TONARI – VOCALS, KEYBORDS
MAMORU INOUE – BASS
MASAHIRO SUGIURA – DRUMS, PERCUSSION
YUTAKA NISHIMINE – GUITAR
HIROSHI MURACHI- Sax

Art Direction by Yasuhito Kyutoku

CDアルバム作品 ・ だててんりゅう / レッドアフタヌーンブルース
Track List:

1.Intro(5:41)

2,Banana Song(5:44)

3,褪せた色合い(4:35)

4.こんな日は(6:04) 

5,くろかみ( 5:54)

6,Red Afternoon Blues)

7,Moon Shake(4:05)

8,毘沙門堂の風景(10:30)

Total 46:30

1978年神戸でのライブ音源を中心に,諷刺,悪口雑言を随所に織りまぜながらひねりにひねったタンバリンサウンド!当時の彼等のオリジナリティー溢れる独創的でスピード感溢れる演奏スタイルが収録されてます。2004年リリース。

1977~1978年に録られたライブ・テープ&1981年のスタジオ録音の全8曲。イキナリの、ベース&タイコのソロで、「おっ!」となる。その後、5曲目まで続くのはパンキーな楽曲。そして、タイトルともなっている6曲目の「RED AFTERNOON BLUES」は、もろザッパ! 勿論、「UNTO」と「凪」の橋渡し的な感じは否めない。しかし、それはこのアルバムが最後に出たからわかることであって、このアルバムだけを聴いた人は、「だててん」=「村八直系のパンク・スピリット溢れるロック・バンド」、という印象を持つのではないだろうか。ココでの隣さんのヴォーカルは、もう完全に箍が外れていて、若いというか、やっぱりイイ! 村地さんのお定まりサックスもエフェクト(ブラジル・サックス?)がかかっていて、何となくホノボノとさせられる。「時代の音」と言えば、それまでなのだが、このアルバムで「だててん」の流れが少し明確になったというコトからすれば、貴重な音源であることは確かだ。 そして、何より、このアルバムの主役は杉浦さんのタイコであろう! 普通のロック・バンドにこんな上手いタイコはいないし、きっと必要も無いのかもしれない、しかし、「だててん」には、こんなタイコを必要なのだっていう気がする。 最後の「毘沙門堂の風景」は、モリ・イクエのプログラミングが似合いそうな感じのシンセ・ソロで、実は、このアルバムで一番気に入っている曲かもしれない。(kume.2004)

 
隣 雅夫 1990
Masao Tonari
Keyboardist & Vocal
Mamoru Inoue
Bassist
Masahiro Sugiura
Drummer
Yutaka Nishimine
Guitarist
Hiroshi Murachi
Saxophonist

Donation

Donationスタートしました !   ご支援&寄付よろしくお願い致します。 湯来環境音楽研究会を通じての文化活動、音楽ライブ企画継続維持費、今後の音楽作品制作、WEBSITE更新維持費等に使用させていただきます。スタッフの大多数が市民ボランティアで運営されており、皆それぞれの仕事の合間を縫って奮闘しております   代表 隣雅夫   主要メンバー 筒井文雄、庄子勝治、五十嵐久勝。 ここを

Read More »

facebook

Masao Tonari News Facebook 音楽サイト 個人サイト 隣雅夫 フェイスブック個人サイト 友達申請はコチラ Since1971  日本のロックバンド 「だててんりゅう」のフェイスブック Yuki Ambient Music Study Group 世界の国々の音楽、文化、生活等についての多種多様な価値観観察、 基礎研究してみましょう ! そして心を磨こう !!       

Read More »